フォントの設定:小 中 大

公共アート


公共アート



《リズム十号》 フロリアン・クラール/禾磊芸術

作品のインスピレーションは宇宙飛行?時空飛行?それとも深遠な宇宙への憧れ?ドイツ人芸術家のフロリアン・クラールの作品は神秘的な未来への憧憬を形にしたものです。リズム感のある彫刻で、白く滑らかに輝く透かし彫りの造形、メタリックな内部構造はまるでSF映画の一場面のようです。空港ターミナルは私たちの未来に対する前衛的なインスピレーションを刺激してくれます。
リズム十号 サイド リズム十号 ポジティブ


《速》 許宗傑/禾磊藝術

作品は出国ゲート前エスカレーターの天井に設置されています。エスカレーターに乗ると、幻想的な光と影が時空のリズム感を感じさせてくれます。具象と抽象、虚と実、光と影が相互に対照的に流れていきます。流動的な光の束は、時には航空機を乗り越え、各地の時間を表す数字が煌めき、光芒がスピーディーに飛び去っていきます。旅人の心情を奮い立たせてくれるでしょう。
速 - 台中 速 - 航空機


《太古の記憶-飛行への憧れ》 高田洋一/禾磊芸術

年少時に夢にみた飛行は一枚の花びら、一枚の葉、一匹の鳥や一匹の昆虫が風に乗って飛び立つ姿に似ています。日本人芸術家の高田洋一が飛行への憧憬と想像からインスピレーションを受け、原始の自然を作品中に表現しました。空気からの自然な波流を表現した作品は、空間に柔軟、優雅、自由な舞いであり、一種の生物工学と自然のイメージなのです。この精密な工芸と科学テクノロジーは美学の下で結びつき、風動アートを生み出したのです。
太古の記憶-飛行への憧れ - リモート写真 太古の記憶-飛行への憧れ - 最近の写真

 

フォワード このリンクは、新しいウィンドウを印刷が開きます シェア リターン
記事最終更新日:2018-11-01